小顔整体を行う大阪で人気のお店 > 基礎知識 > 小顔整体と整形の違い
大阪で人気の小顔整体ランキング

小顔整体と整形の違い

整形で小顔にすると

小顔にする方法として整形手術があります。
整形の小顔手術としては脂肪溶解注射や脂肪吸引の脂肪そのものを減らす方法と、顎の骨や頬の骨を削る方法の2種類です。
脂肪溶解注射は注射で脂肪細胞そのものをとかしていくのでダイエットにありがちなリバウンドはなく、また注射のため跡も残りません。脂肪吸引も耳の裏や鼻の脇といった目立たないところから棒状のもので脂肪を吸引していくため跡がわかりにくい施術です。
エラや頬骨をけずる手術も口の中や耳の脇など傷が目立たないところからの手術になります。

小顔整体と整形の違い

こののように整形は脂肪や骨を減少させる手術で顔を小さくしますが小顔整体は違います。
いま現在の骨や脂肪を特に減らすということはせずに、ずれた骨を元の位置に戻す施術になります。
歪んだ骨を元の位置に戻すことでむくみや老廃物がなくなり、結果小顔になるということなのです。
また皮膚を切開したり傷つけたりといったこともありません。

どちらが小顔になるのか

結論から言うと整形でしょう。
整形の方がかなり小顔になることが可能です。
骨を削って脂肪を取ればかなり顔は小さくなります。
しかしかなりの高額な施術になることと、皮膚を切開するリスクや脂肪溶解による専用溶解液は健康状態によっては影響が出ないとも言えません。
健康でかなり小顔にしたい、といった希望のある人には整形のほうが満足度が高いといえます。
小顔整体はもちろん顔自体は小さくはなりますが感覚的にはスッキリとする、シャープなかんじに見える、といった仕上がりです。
また整形は1度施術してしまったら元には戻せないのでよく考えましょう。
小顔願望のある場合はとりあえず小顔整体から始める方がいいかもしれません。
小顔整体の施術を受けてもっと小顔になりたいと思うなら整形も考えてみるといいでしょう。
整形でも専門医の話をよく聞くことが大切です。

トップページへ